あなたは、会社を辞めるときに正当な理由があるのですか? それが不本意であるとき、会社側それば彼らの側に、自己の利便性になりますが、ここでは失業保険の支払いの際に大きな影響を与えています。

個人的な理由のために、失業給付金が支払われることはありません給付制限は、最初の3ヶ月間に適用されますが、期間は免除と不随意です。 退職慰労金の量が増加するにも支払われている、当社の状況や個人的な理由の退職は、約100万の違いは、失業保険と退職金にも集計に出てくるだろう。

だから、限り、それは会社を辞めたとして、それは可能な限り、会社の状況を残すことが最善です。 しかし、それは不随意として認識されるためにはハローワークを調査するために渡す必要があります。 それだけでみなし不随意の証拠の任期を揃えることをお勧めします。 それは細かい理由サービス残業だけでなく、多くのですが、これは公式の会社の記録に残っていません。 だから、それは適切に残業時間と通常労働時間を記録することが必要である。

加えて、回転時間によって恩恵日数の変化がある。 あなたは、’10-’20の境界線にある場合、それは日以上のメリットの数を拡張している以上に待っていた人が、その量できる多くを得ることができるようになりますが自己都合で退職する人は登録期間である雇用保険のために。 これは、さらなる失業給付の量ですが、これは離職日前の最初の6ヶ月間の毎日の賃金の平均に関連し、この時期に意識的に残業を増やし、例えば、賃金を増加されているので、多くの有給分は次のようになります。

それだけで停止しない会社を準備することをお勧めします、このような失業保険の仕組みを理解するには、事前に引退したいと思います。