私は仕事1に登録。 ハローワーク。 最寄りのハローワークに移動し、 “仕事の申込書”に記入。 私はそのような “仕事の申込書”の賃金と雇用のためのジョブとして、所望の条件を記述します。 あなたが受け入れられたときに “ハローワークカード”をジョブアプリケーションに渡されます。 あなたはハローワーク将来の就職活動に必要となりますので、のは、失敗することなく、このたびを持参しましょう​​。 また、ジョブのアプリケーションの寿命は、それがたびに更新されるべき一般的なルールとして受け入れの日付の翌月の翌日の最終日となったため。

私はハローワーク通帳貯金2に​​提出する。 離職表1.2、雇用保険証、本人確認書類、証明写真、印鑑、人の名前。 ハローのスタッフは確認が行われた後、あなたが資格を得ることができるようになり、必ず資格条件を作るための作業。 あなたは資格がある場合は、 “雇用保険受給資格者のしおり”以下が指定されたトレーニングセッションを受けての合格、参加日時です。

3に参加します。 受信者の最初のトレーニングセッション。 失業保険は、それが訓練を受けていないというメリットはありません、の出席してみましょう。 私は、印鑑、筆記用具、 “雇用保険受給資格者のしおり”をもたらすでしょう。 受益最初のトレーニングセッション、雇用保険の領収書の説明が行われます。 また、 “雇用保険資格の証明書”、 “失業認定申告書”が渡され、最初のラウンド “失業認定日”が指定されています。

私はこんにちは承認の4日に失業を仕事に行く。 あなたは、失業の認定日が失業状態にあり、その後、4週間ごとに適用されますこんにちは仕事に行く許可証を取得する必要があります。