·それは、雇用保険の証明書退職時に会社から返されます。 あなたは、あなたが失われた場合でも、ハローワークで再発行できます。 離職の前に人が署名押印。 それとも、私が手書きで署名する必要があります。

表1 – 売上高
その被保険者失格の確認通知。 私は退職の日から10日以内に自宅に郵送されます。

表2 – 売上高
6ヶ月間の給料、記載されている文書のその前に理由退職を残して。 分離1の手紙と一緒に、この場所は、退職日から10日以内に自宅に郵送されます。 “雇用保険証”と同様に、従来売上高に人が署名押印。 それとも、私が手書きで署名する必要があります。

※分離予告1.2、(いくつかのケースでは、あなたはほとんど自分自身を取得しない行く)か郵送されていない場合は、雇用主が欠落している場合、できるだけ早く管轄ハローワークまでご連絡ください。 必要書類が揃っていない場合、失業保険はメリットはありません。

、現在の住所、年齢確認書類の運転免許証、住民票、住民基本台帳カードが表示されているなど、公職に映像と書類を発行し、識別することができます。

·私は、印鑑登録した印鑑がなくても気にしない。

·それは通帳失業給付に口座振替のお金を確認することが必要である。 あなたは、人の名前でなければなりません。 さらに、郵便貯金は許可されていません。

·私は、2.5cmの絵垂直な3センチメートルでキャップを脱いで上半身を用意します。

文書は、上記の資格要件を満たしており、ハローに決定資格を作ることができることを確認する際に。 確認はその時にも離職理由が含まれます。