雇用保険なかったときQ.1を働いている会社はどうなりますか?
A.これは、法律に違反しそうですが、認識された特別なことで参加しました。 適格性は、保険料を支払うために、過去に戻って行くことによって得ることができる。 それは2年までである背中にフィットすることができる。

Q.2仕事をされている会社は廃業している。 私は失業保険を得ることができますか?
あなたがあなた自身の退職手続きにそれらを与える場合や、解雇Aに宣告される。

私はQ.3アルバイトで雇用保険に加入できますか?
あなたは、A.できます。 雇用は週20時間以上の少なくとも1年間アルバイトである場合は、 “短期的な労働者が被保険者”として雇用保険に加入する義務があります。

Q.4教育訓練給付金とは何ですか?
教育訓練給付制度A.、それがスキルアップするためにそのような研修のようないくつかの補助的なコストを、使用するシステムです。 (支払要件期間)期間を現在の開始日に雇用保険の被保険者された以上の三年間で見つかった。 一年以上が存在したような要件を満たしている人は、厚生労働大臣が指定した教育訓練を完了している場合、費用の一部は、人の場合に支払われるかの支払いを受け取るために初めて。 お支払いは、コストの20%になりますが、それは10万円を超える場合、また10万円となって、4000円の場合に支払われることはありません。

あなたはQ.5会社を去ったとき、私は国民健康保険に加入する必要がありますか?
これは、会社Aの退職からの国民健康保険の健康保険に加入するのが一般的です。 しかし、2歳までには、退職後に健康保険会社を継続することができます。

あなたが会社Q.6を去ったとき、私はあなた自身の国民年金にフィットするように持っていますか?
国民年金Aを結合する必要があります。 あなたも、失業期間にもかかわらず国民年金を払う必要があります。